病院の適正受診のすすめ

2019.09.03(火) 放送

岩手医大附属病院が盛岡市から矢巾町に移転するため、入院患者の移送が行われる。この患者移送に伴い、岩手医大では数日間、外来や救急患者の受け入れを停止する。一時的に医療体制が手薄になる中で、混乱を防ぐためにも一人ひとりが「適正受診」を心掛けることが大切。岩手医大の移転と、病院の適正受診について取り上げる。

※このページに掲載されている情報は放送日時点での情報です。